地上デジタルって?

地上デジタル(以下、地デジ)とは、地上波のテレビ放送をデジタル化したもの、またはその規格や方式のことをいいます。

今までのテレビは「アナログ方式」と呼ばれる方式で放送されてきました。
このアナログ放送は2011年7月24日で完全に終了し、地上デジタルに切り替わることが決まっています。
それまでは、従来のアナログと地上デジタルでまったく同じ内容が放送されることになっているので、アナログ・デジタルどちらの対応テレビで受信しても見られます。

しかし、2011年7月24日以降は、アナログ対応のテレビそのままではテレビが見られなくなります。

しかも、地デジへの移行は黙っていても誰かがやってくれるものではなく、私たち自身がみずから動いてなんらかの対応をしなくてはなりません。

アンテナやテレビを替えるとか、ケーブルテレビに入るとか、インターネットの光回線を使うとか、方法はいろいろあります。
そのためにはいくらかお金をかけなければなりませんし、住んでいる場所や環境によっては思った以上に手間がかかる場合もあります。

でも、地上デジタルには今までのアナログでは実現できなかったメリットもたくさんあります。
地デジに移行しても、民間放送は基本的には無料放送のままですし、NHKの受信料も変わりません。
それに、地上デジタルの特性やサービスを知れば、今までよりもっとテレビのある生活が楽しくなるかもしれません。

予算と理想のテレビライフを検討しながら、自分の生活に合った地デジ対応をしたいものですね。