デメリットは何?

地デジに移行したら悪くなることがあるんじゃないかって、確かに気になりますよね。


まずはなんといっても移行するためのお金と手間です。

いくらかかるかは自宅の環境や希望の視聴スタイルによってかなり変わりますが、今言われているのは最低で5,000円程度、多ければ10万円以上かかる(かける)場合もあります。
ただ電波を切り替えるだけなら5,000円でもいいんですが、地デジのすべてを楽しみには地デジ対応テレビに買い換えなくてはならないし、せっかくだから大画面の薄型のがほしいと思うのが人情ですよね。

でも、テレビを買い換えればいいだけではないのです。

アンテナや配線の改修工事が必要な家もあるし、録画機器もそれ用に対応したものに買い替えなければならなかったりと、いろいろ出てきます。(あと、テレビを大きくしたらテレビ台などの家具も合わなくなったり。)
さらに、設備を揃えたのに地デジが映らないなんてことになったら、問い合わせや原因究明で気力・体力まで消耗します。

これはある程度覚悟しなければなりません。


あと、今までかろうじて映っていたテレビが全く映らなくなる場合があります。
アナログだと、電波が弱くても受信すれば汚くても画像が映っていました。でも地デジでは、電波(アンテナレベル)がある一定レベル以下になると全く映らなくなります。
この現象は地方の山間部などと、高い建物が多い大都会で起こり、このような場所は「難視聴地域」に指定されます。こうなると、さらに手間ヒマがかかることになります。


他に、地デジ対応機器にはB-CAS(ビーキャス)カードと呼ばれる識別カードが付いていて、これがないと映らなくなります。
カードを紛失すると再発行に2,000円かかります。
B-CASカードの約款(規約書)には「B-CASカードはB-CAS社がユーザーに貸与しているもの」とあり、使用しなくなった場合はカスタマーセンターに連絡することになっているなど、扱いが多少面倒でもあります。

また、B-CASカードは録画した番組に対してのコピー制御信号も管理しています。この機能を利用し、「コピーワンス」と呼ばれるダビング1回で元データが消える仕組みを取っている番組(放送局)があります。
このような制限は、アナログ時代にはありませんでした。
ダビング1回でおしまいですので、自分の保存用と他の人用にもダビング、ということができません。
コピーワンスに対する不満を解消するために、現在は「ダビング10(テン)」と呼ばれるダビング10回までOKの番組もできました。
ただし、ダビング10も元の録画機器から別のメディア(DVDなど)へのダビングが10回ということで、一度DVDにダビングしたものをさらにBlu-rayにコピーするというようなことはできません。