フレッツ・テレビ

◆フレッツ・テレビとは

NTT(東日本or西日本)の「フレッツ光」サービスとオプティキャストの放送サービスを利用して、地デジやBS、スカパーの放送を見るサービスです。
「フレッツ光」をすでに導入している家庭なら、簡単に追加できます。

フレッツ・テレビは、月額682.5円の基本視聴料で地上波とBSのアナログとデジタルが受信できます。
アンテナ受信は無理だけど多チャンネルサービスはいらないという人には、最小の契約ができるフレッツ・テレビは魅力的です。
オプションとして、多チャンネル放送の「スカパー!光」や「スカパー!e2(110度CS)」も利用できます。

また、「フレッツ・テレビ」は「ひかりTV」と両方契約することも可能です。

フレッツ・テレビは市販のテレビや録画機器がそのまま使えるというのも売りのひとつです。
地デジのほか、BSやCSもSTB(セットトップボックス)などを介さずに、市販の対応機器をつなげるだけで見ることができます。

もうひとつの特徴は、一戸建ての場合は何台テレビをつなげても料金は一緒ということです。
一戸建ての場合、各部屋でテレビをつなげたい場合は、1本の光回線を家中の各部屋に分配する『ホーム共聴工事』を行います。
契約は光回線1本分ですので、何台テレビをつないでも料金は一緒のままです。
ですので、フレッツ・テレビは一戸建て向きと言われています。

※フレッツ光のマンションタイプ(VDSL方式・LAN方式)は、『ホーム共聴工事』はできません。