ケーブルテレビって?

ケーブルテレビ(CATV)は、自宅に専用ケーブルを引き、ケーブルテレビ局を通じてテレビを受信します。

あらゆるテレビ放送をケーブルテレビ局に一旦集めてから各家庭に配信するので、通常の地上波放送はもちろん、BSやCS、オリジナルの番組など、多チャンネルをアンテナなしで楽しめるのが特徴です。
また、天候や動物による障害が少ないのもメリットです。

ケーブルテレビももちろん地デジに対応します。
ですので、アンテナ受信が難しい場合や、今もケーブルテレビを見ている人は、ケーブルテレビで地デジを見ることを視野に入れましょう。

マンションなどの集合住宅で比較的築年数の浅いものは、各部屋までケーブルテレビが来ている物件が多いので、導入は簡単です。
一戸建てや未導入の集合住宅では、契約した後に配線工事を行うことになります。

ケーブルテレビの場合は毎月の利用料が必要です。
インターネットや電話もセットで申し込むとお得なパック料金もあります。


では、ケーブルテレビの配線がそこまで来ているという環境を前提に、地デジの視聴方法を見てみましょう。


ケーブルテレビには、大きく分けて2つの方式があります。
自宅エリアのケーブルテレビがどちらの方式かは、ホームページや問い合わせ窓口で確認してください。


◎パススルー方式

地デジ対応テレビ、または地デジチューナーに今のテレビをつなげるだけで、地デジも見られるようになります。(アンテナ受信と同じ)
費用の負担や使用上の制限が少ないので、選べるならばこの方式にしたほうがよいでしょう。

※一部、「周波数変換パススルー方式」を採用している場合は、それに対応した地デジ対応テレビやチューナーが必要です。
その場合は、設定を「周波数=MID、SHBなど、変調方式=OFDM」に変更してください。(取扱説明書などで確認してください。)


◎トランスモジュレーション方式

今使っているテレビにケーブルテレビ専用のデジタルチューナー(STB:セットトップボックス)を接続することで、地デジも見られるようになります。
STBはテレビ1台につき1つずつ必要です。
手持ちのテレビにもつなげることができますが、ハイビジョン対応のテレビでないと標準画質になります。

こちらもケーブルテレビの利用料が必要なのですが、地デジ(地上波)だけ見たいという選択肢はできないところが多く、BSやCSなどの多チャンネルセットになったパック料金の設定がほとんどです。

複数台数契約したい場合は、最低1台多チャンネルセットを契約している前提で、2台目以降は簡易版のパック料金が選べるようです。

また、専用チューナーからの映像出力になるため、手持ちのレコーダーや市販のレコーダーでのハイビジョン録画はできません。
ケーブルテレビ局が用意する専用のレコーダーをレンタル(または買取)することになります。(もちろん有償)
また、番組を録画している間は他のチャンネルに切り替えることはできません。