うまく映らないときは?

うまく映らないときは?

地デジをアンテナ受信で見ようとすると、うまく映らないということがけっこうあります。
めげずに、まずは今までの流れを再確認しましょう。


・地デジ対応エリアの確認
・アンテナの確認
・地デジ対応機器の確認
・B-CASカードの確認
・チャンネル設定の確認
・配線の確認

これらの項目が(一応)クリアされているとして、他に考えられる原因を考えてみましょう。


・アンテナレベルの確認

テレビやチューナーにアンテナレベルを確認できる機能があれば、それを表示します。わからないときは取扱説明書で「アンテナレベル」や「受信レベル」という言葉を探してください。
地デジは、アンテナレベルが一定レベル以下だとまったく映りません。
アンテナレベルの表示がインジケーター式になっていれば、映らないレベルの範囲はレッドゾーンみたいな表示になっているかもしれません。
数字のみの表示の場合は、取扱説明書を見て、いくつならだめなのかを確認してください。

受信はできているけどアンテナレベルが弱いという場合は、アンテナにブースター(増幅器)をつけて電波を強くする方法があります。


・特定のチャンネルが映らない

この場合はアンテナレベルのほかに、アンテナの方向にも関係するようです。単純にブースターを取り付けただけでは解決しません。
業者にアンテナ調査を依頼し、解決方法を相談したほうがよいでしょう。


・天候

念のため、晴れた日に確認するのがベストでしょう。天気の悪い日に映りが悪くなることがあります。


・アンテナの調整

できる範囲でアンテナを少しいじってみることは可能です。特に、向きは変えずに高さだけ変えるという方法なら、それほど他への影響はありません。
高さが変わると、意外と受信状態が良くなる場合もあるようです。
それでも特に反応がない場合は、アンテナが古いとか、動物や天候が理由でどこかおかしくなっている可能性が考えられます。
業者にアンテナ調査を依頼し、解決方法を相談したほうがよいでしょう。


・テレビの台数

いきなりテレビを複数台つなげていた場合は、一旦1台にしてからアンテナレベルを再調査してみてください。
これでレベルが上がるようなら、アンテナの受信感度が弱いか、元々のアンテナレベルが弱いところに複数台つなげてさらに弱くなったということが考えられます。
ブースターをかますか、アンテナを調整するか、いずれにせよ業者に調査を依頼し相談するのがよいでしょう。


・集合住宅の場合

共用アンテナの分配器やブースターに問題がある場合があります。業者に依頼するするにしても、管理組合や管理会社と相談してから解決しましょう。


・家の端子の問題

業者に調査してもらった結果が、同軸ケーブル(テレビの差込口)やアンテナの壁端子に原因があることがわかると、交換などの工事が必要になります。
工事には10万円前後の費用がかかります。


・他の録画機器との問題

テレビだけだと映るのに、他の録画機器をつなげたら映らないというときは、その録画機器側で地デジの設定を行っていないことが考えられます。


◎「総務省 テレビ受信者支援センター」に相談

最後の手段、ではないですが、「何がなんだかよくわからない」というときは、「デジサポ 総務省テレビ受信者支援センター」に相談するのもよいでしょう。
この支援センターは全都道府県にされているので、地域に密着した支援をしてもらうことが可能です。

デジサポ 総務省テレビ受信者支援センター
http://digisuppo.jp/

電話による問い合わせ:「地デジコールセンター」0570-07-0101
(平日9:00~21:00、土・日・祝は9:00~18:00)